アロー号(3Dスキャニング)

クライアント 福岡市博物館
参考URL
製作期間 4週間
1916年に製造された、現存する国産自動車としては最古(2018年現在)のもので、機械遺産第36号に認定されている。

アロー号100年記念ワークショップ「機械遺産・アロー号の魅力を探る」に向けて作られた3Dモデルで、実物からの3Dスキャニングと各種資料や実物を参考にした3Dモデリングによって作成されている。

こちらのデータを基に精巧なミニチュアを作成しており、現在も展示されている。

参考画像