高性能3Dスキャナーレンタル

非接触型高性能スキャナー「Artec Eva」をレンタル。
3Dデータ化したいものを動かすことなく、このスキャナー1つで3Dデータを作れます。

Artec Evaとは

Artec Evaはハンディタイプの3Dスキャナーで、高速(28万点/秒)で計測し、微細な形状や色データを取得。非接触でデータが取得でき、人物から文化財まで幅広いオブジェクトの3Dデータが作成できます。

  • 非接触のため、触れることのできない対象物にも対応可能
  • スキャニングと同時にテクスチャ情報も取得し、リアリティの高いモデル形成が可能
  • 850gと軽量で、場所を選ばない撮影を行うことが可能
  • レーザーを使用しない計測方法のため、人体、目などにも安全
  • サイズ、重量、データ取得方法などから、非常に幅広い分野で活用することが可能

objex_unlimited_artec_eva_42

<仕様>

画像の取得
3D 解像度(最大)
3D 点データの精度(最大) 
3D 距離精度(最大) 
画像の解像度
カラー情報の取得
光源
視野範囲(最短)
視野範囲(最長)
視野範囲(角度)
測定距離
ビデオフレームレート
露出時間 0.0002 s
データの取得時間(最大)
出力フォーマット
データ処理能力
マルチ処理能力
寸法
質量
電源
インターフェース
仕様環境(OS)
推奨PC(最小構成)
可能
0.5mm
0.1mm
0.03% (100cm以上)
1.3MP
可能
フラッシュバルブ (非レーザー)
214 mm x 148 mm
536 mm x 371 mm
30 x 21°
0.4 – 1 m
16 fps
0.0002 s
2,000,000点/秒
OBJ, STL, ASCII, AOP, WRL、PLY、PTX、XYZRGB
40,000,000メッシュ/1GB RAM
可能
261.5×158.2×63.7mm
0.85 kg
12V, 48W
USB 3.0 x1
Windows 7, 8, 10 (64 bit)
Intel Core Quad (I7を推奨), 32GB RAM, NVIDIA GeForce GTX™ 900M可能

こんなシーンでご利用いただいています

CM撮影の現場で

実際に撮影された映像とCGの組み合わせで作られることの多いCMですが、出演者のCGを正確に作るのには大きな時間とコストを負担する必要があります。このハンディスキャナーであれば、CM撮影中の現場に機材を持ち込み撮影の合間に3Dスキャンを行うことが可能です。

ゼロから3Dモデルを作るのに比べ、数週間の時間短縮を実現することができました。

ウェディングドレスの記念に

多くの方にとってウェディングドレスを着る機会というのはそれほど多くありません。人生の記念日でもあり、データとして残しておきたい気持ちは強いのではないでしょうか。写真撮影と合わせて、結婚式場にて3Dスキャニングを行い、後々3Dプリンタで記念品として出力されたケースがありました。

遺跡や文化財、芸術作品のデジタルアーカイブに

多くの文化財や芸術作品は、頻繁に動かしたり振動を加えたりということができません。一方で経年劣化は止めることが難しく、できるだけ早く現状をデータとしての残しておく必要がありました。

弥生時代の農機具など、乾燥してしまうと破損してしまう恐れがあるため、普段は水中に保管されているものもありました。現場では、できる限りその出土品に影響を与えないよう、水から出している時間を最小限に抑え3Dデータを取得。その3Dデータを基に計測を行いレポートを作成することに成功しました。

ぜひお気軽にお問い合わせください。

レンタル料金

1泊2日

100,000円
  • 基本料金:50,000円
  • 1泊2日 :50,000円

2泊3日

150,000円
  • 基本料金:50,000円
  • 2泊3日 :100,000円

3泊4日

200,000円
  • 基本料金:50,000円
  • 2泊3日 :150,000円
Artec Evaで3Dスキャンを行った文化財の3Dデータです。

3Dスキャナーレンタルのご相談はお気軽に

CMの撮影、ゲームの制作など、様々な場面で活用されている3Dスキャナー。
レンタルのご相談はお気軽にご連絡ください。